STORY

2017/04/04

やさしく力強い選択

「ヒップホップは音楽のジャンルじゃない、生き方そのものだ」と偉大なアーティストが言いました。
僕は言いたい、
「LOVE for the FUTUREはただのチャリティじゃない、自分の人生へのスタンスの話だ」と。

(僕はこれから、頂が掲げるプロジェクトの一つ「LOVE for the FUTURE」について書きます。笑)


大それたことは書きません。書けません。

LOVE for the FUTURE (未来へ、愛を)というこの発想、
思えば、「未来の誰かのことを想うこと」「その誰かのために今の行動をつなげていくこと」って、
普段考えてもいないな〜、と、そんな話です。


スマートフォンが加速度的に広まり、
SNSというネットワーク上のコミュニケーションはめまぐるしく、
多くの人の意識の大部分を「情報」で埋め尽くしていきます。

情報が多すぎるので、僕の心のキャパシティはパンクします。
だからどうしても、頭の中だけのコミュニケーションになってしまいます。

【頭】は、目の前にある情報を処理します。
【心】は、今ここにないものについても感じることができます。

「今ここには無い未来」について、「今ここには居ない誰か」について、想いを馳せることが、
「今ここにいる自分」の考えや行動を、豊かにしてくれるんじゃないかな〜なんて思ったりします。

 

 

2013年、東北へ行ったとき、大事なのはやっぱり「心」だと思いました。
遠く離れた場所で起こったことが、現場に近づくにつれてリアルになってくる。

街の中に「在る」はずのものが「無い」違和感…
アクリルたわしを編むおばちゃんたちが「あの頃はやっぱり、笑えなかった」といったときの表情…
キューっと締め付けられる感情。

でも、
おばちゃんが出してくれたおいしい手作りおむすび…
記念撮影をパシャりのときの照れた笑顔…
なんだかほっこりして、うれしかったな〜。

うれしい、さみしい、苦しい、たのしい…
肌で感じた感覚が、今も忘れられずに残っています。

今ぼくは静岡にいるけれど、あのとき東北に行かせてもらえたから、
「思い浮かべることができる」人たちがいる。

無機質ではない、体温のある世界が広がる感覚が、
目を閉じたときに見える景色に、深みを与えてくれている気がします。

 


LOVE for the FUTURE ブースにて

 

「今ここにないもの」を夢想しカタチにし続けてきた「頂」も10周年の節目を迎えました。

「頂 -ITADAKI-」は10年続いてきたけれど、毎年毎年そのはじまりは、土を耕し種を蒔くことからだと思います。
決して、ササッとスマートにいきなり収穫できるような、ハイスペック集団ではございません。笑
やっぱり毎年、悩みながら、自分が信じるホンモノと向き合って、
泥にまみれて活力の畑を耕し、「最高」の種を蒔き、地道に育てていく。
ゼロから始まっているのです。
10年続けど毎年初心者、その辺がまだまだ未熟でアマチュアなんだと思いますが、
泥くさく進むしか出来ないので、心を鍛えるしかないのです。
心は、鍛えるほどに強くなるはずだから。いつでもハートで勝負。
うまくやろうとしちゃいけませんね、謙虚に地道に新しい気持ちで歩みます。

 

 

だからこそ、いい意味で「当たり前」になってきた頂の一番の核(だと僕は思っている)は、
まだまだ力強くしていきたいものであると思っています!
それは、
自分がもってきた廃油が、スピーカーから音楽を発する電力に変わること。
自分がもってきたキャンドルに火を灯し、夕闇にステージと自分をつなぐ密度を高めてくれること。

 

 

この、「自分が楽しむ時間を自分が供給する」という究極のセルフセッティングスタイルは、
願わくば、もれなく一人ひとりに準備→体感をしていただきたい代物です。
(というのも、僕自身が7年前にお客さんとして、その感動増幅装置に打ちのめされた本人だからです!)

自分が動き出すことは、いつでも出来て、いつでも無料。
ただそのチョイスをしてみるアクションの輪が、もっと大きくなるとうれしいなと感じます。

廃油とキャンドルは、
遠足のしおりでいう「必須」の★マークが付いている、マストアイテムです。


そして、エネルギーの選択は、未来の誰かにもつながっていく、大切なチョイスだったりします。


未知なるものへの興味が尽きない今日この頃、
健全な好奇心をもって、ともに頂のSTORYをたのしんでいきましょう♪

Written by

ヨネダガク

ヨネダガク

7年前の頂にお客さんとして参加し感銘を受ける。その後ボランティスタッフを経て、今年も飲食ブース「頂カフェ」の1店舗を受け持つ。TBHR的には、無気力を倒し欲を満たしたい派。

NEWS

and more
2017/06/06
落とし物、忘れ物について

落とし物、忘れ物について

2017/06/01
頂に遊びに来るみなさんへ

頂に遊びに来るみなさんへ

2017/05/19
両日のタイムテーブル発表!

両日のタイムテーブル発表!

STORY

and more
2017/06/14
頂2017 あとがき

頂2017 あとがき

2017/06/02
楽しむために 〜手作り看板の話〜

楽しむために 〜手作り看板の話〜

2017/06/01
ITADAKIとBEAMS

ITADAKIとBEAMS

2017/06/01
グラフィックで振り返る頂

グラフィックで振り返る頂